Blog運営

Blog記事のアクセスはリライトで伸びる!コツと頻度を解説【重要】

Blogのアクセスを伸ばす方法に「リライト」というものがあります。

リライトとは書いて字のごとく「記事を手直し」することです。

このリライトにはいくつかの意味があり、その意味が濃いものになるとアクセス増につながります。

今回は記事リライトのコツと頻度(タイミング)について、僕の経験からお話します。

リライトするとなぜアクセスが増えるの?

まず、Blog記事のリライトがどんな効果があるのかを考えてみましょう。その効果を考えながらリライトするのと、ただ漫然と書き直すのでは意味も効果も変わってきます。

リライトの効果とは

  • 文字数アップ
  • 読みやすさアップ
  • 情報の更新

一番の効果は「読みやすさのアップ」と「古い情報の更新」ですね。

読みやすさは文章もそうですが、オリジナル写真の追加だけでも効果があります。Googleは動画や写真などのコンテンツの中身も評価の対象としていると言われています。Blogの個性を出すには、オリジナルコンテンツは必須です。投稿当時に写真が用意できなくても、リライトのタイミングで使いしていけば、徐々に評価が高まるんですよ。

情報の更新は、何もおすすめする商品を最新のものにするだけではありません。たとえば、投稿初期に書いた内容に変化があれば、追記で情報を載せていきます。これだけでもGoogleから「ちゃんとメンテナンスされているサイト」とみなされ、Blogの評価は高まります。

読者にしてみても、更新日が何年も前では、信用して記事を読めませんよね。

Blogには記事の投稿日と更新日を表示できる機能がありますが、最低でも更新日は表示するようにしましょう。どちらも掲載していないと、情報の信頼性が問われ、広告が載せられないことがあります。注意したいですね。

読み返すと新しい記事ネタが浮かぶ

アクセスアップの効果ではありませんが、リライトすることで「新たな記事ネタが浮かぶ」ということがあります。

むしろそんなつもりで過去の自分の記事を読み返したいですね。

リライトは誤字脱字のチェックではないので、

  • 情報の不足は無いか
  • この記事から派生記事が書けないか
  • 同じテーマ違うアプローチで書けないか

などと考えて読み返すと、案外ポツポツと記事ネタが浮かびます。Blog記事を増やすためにも、リライトを上手に活用したいですね。

Blogのアクセスを呼び込むリライトとは

上記内容と重複する部分もありますが、リライトにはコツがあります。「アクセスが増えるらしいから」と、作業的にこなすのではなく「より読者に伝わる記事を」「より役に立つ内容を」といった視点で記事を見直してください。

記事リライトのコツ

コツはただひとつです。

言いたいことを伝えるための要素がすべて詰まっているか

これだけ気にしてチェックしてみましょう。すると古い情報なら更新したくなりますし、わかりにくい言い回しをしていれば丁寧に書き直したくなります。

そんなことを繰り返しているうちに、記事の文字数は必然的に増えます。丁寧に書こうとすると、やはり「やさしい言葉」になったり、「解説が多め」になります。文字数は増えるんですね。

”Googleは文字数を評価の対象にしている”と言われます。

1記事3,000文字書かなければライバルに負ける・・・などと言われ、ここ最近どのBlogも記事数が増えている印象を持ちます。しかし、読者に伝わっていれば文字数など関係ないというのが僕の感覚です。(1,000文字以下はさすがに論外かと)

たしかにライバルチェックは必要かもしれません。しかし、戦うのは文字数ではなく、あくまでも「わかりやすさ」であり、「どれくらい読み手の課題解決に貢献できたか」です。この観点で言えば、必要のないことを並べて闇雲に文字数を増やすのは、返って評価を落とす結果になることは明らか。

ネットの表面的な情報だけに踊らされないようにしましょう!

記事リライトの頻度(タイミング)

リライトの頻度ですが、これはBlogのテーマによってまちまちです。

考え方の一つは、紹介している商品の新製品リリースのタイミングでしょうか。音楽系の製品・商品は2年に1度とか3年に1度新製品がリリースされることが多いです。

そうすると、新製品を紹介した場合、次のリリースまではその製品が新製品ですよね。

製品の使用方法などは別記事で紹介するとして、製品紹介の記事のリライトは次のリリースまで待っても良いと思います。よほど嘘の情報を書いてしまった、ということでもない限り、僕は2年ほどのインターバルをもってリライトしています。

記事ネタが切れた時にコツコツ直すのもあり

僕は2年周期で記事をリライトしていると言いましたが、記事ネタが切れてしまったときにリライトを実施するのも効果的です。

前項でも述べた通り、リライトで新しい記事ネタが見つかる可能性が高いからです。自分の記事は、書いた当初は頑張ってぬけが無いように書くのですが、時間をおいて読み直すと不足が目立つんですよね。

このときに、その記事はリライトしつつ、不足情報は新しい記事として書く。そして古い記事からリンクを貼る。これだけで新しい記事にアクセスが流入しますし、記事も増えます。

リライトは良いことばかりですよ^^

さいごに

Blogの記事書きに行き詰まったらまずはリライト。

日記と違い、「誰かの悩みを解決するために書いた記事」はメンテナンスが命です。

楽器だって、手をかけてあげるからこそ、ここぞというときにプレーヤーの気持ちに答えてくれますよね。それと一緒で記事も生き物。適正に手入れをしてあげることで、新たなアクセスを呼び、生き生きと息を吹き返します。

大きく手入れをしない方が良い記事も中にはありますので、そういった記事の分析方法も随時お伝えしていきます。

-Blog運営

Copyright© 音楽Blogの始め方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.