Blog収益化

Blogの収益化は慌てない。広告を掲載するタイミングを解説

Blogを始めると、「早く収益化をしたい!」「早く広告載せたい!」と焦るものです。

しかし、Blogの収益化は甘くありません。慌てるほど空回りするので、ここは愚直に、そして確実に収益化を進めていきましょう。

早ければ早いほど良いように思えるBlogの広告掲載ですが、実はそんなこともありません。

広告掲載のベストタイミングを僕の経験を交えてお伝えします。

失敗しがちな広告設置例

まずはBlogへの広告掲載の失敗例を見ていきましょう。これを知ることで、Blogに広告を載せるには周到な準備がいることがわかります。

Blogに掲載する広告にはいくつか種類がありますが、ミュージシャンBlogとしては基本的に「クリック報酬型:Adsense」広告か、「成果報酬型:物販アフィリエイト広告」になります。

詳細は下記記事で解説しています。

Blogで収益が発生する仕組み。ミュージシャンがBlogで売れるものとは

このような広告は、読者にクリックしてもらうのが第1の目的ですが、まずは、広告を掲載するBlogとして適切かどうかを判定してもらう必要があります。広告を出す側も、素性のわからないサイトを認定するわけにはいかないのです。

Blogの運営状態が適切でないタイミングでの広告掲載申請

Googleのクリック型広告Adsense(アドセンス)は、売るものが例えなくても、訪問者の好みに応じた広告が自動で表示されるため、あなたが運営するミュージシャンBlogには必須の広告です。

しかしこのAdsense。Blogの審査がとても厳しいのです。ASP(インターネット広告代理店)の成果報酬型の広告掲載も、申請するBlogの審査があることがあります。厳しくはありませんが、しっかり運営していることが確認できなければ審査は通らないでしょう。

AdsenseにしろASPの広告にしろ、申請時に「ちゃんとBlogを運営していきますよ!」という姿勢をアピールする必要があります。

あなたのBlogに最低限必要な情報

  • 定期的に更新していること
  • 記事内容がコピーコンテンツではないこと
  • 文字数が少なすぎない事
  • プライバシーポリシーが設定されていること
  • 問い合わせ先が明確になっていること
  • 広告の掲載ポリシーに違反していない事

と、割とボリューミーな内容となっています。基本的の上記のルールからはみ出していなければ、申請はすんなり通ります。

ネット上では「文字数3,000文字はなきゃ」とか「50記事書いてから申請しなきゃ」などと間違った情報も見られますが、そんなことはありません。訪問者に寄り添った記事を定期的に更新し、世界に発信するBlogとして問題なければ、20記事程度でAdsenseもASP広告も申請が通ります。

申請は通ったとしても、運営する中でポリシー違反があれば、アカウント取り消しになりますので、Adsense運用は特にポリシーの違反・変更には敏感になりましょう。子供に見せられる内容であれば基本的にはポリシーに準拠できると考えています

子供ですので、エロ・グロ・酒・タバコ・犯罪ネタなどに触れず、一般的な常識の中で記事を書けば問題ありません。また、広告のクリック誘発や、自身でのクリックも禁止です。バレますので、絶対にやめましょう。Adsenseとは長い付き合いになりますので、一度規約には目を通しましょう

外部リンク:Adsenseプログラムポリシー(公式)

外部リンク:AdSense が停止にならないために違反となる禁止事項を具体的に把握しておこう

公式のポリシーにも目を通してほしいのですが、文章が四角四面でハッキリ言って頭に入ってきません。親切な方がわかりやすく解説してくれている2例目のリンクを読んでください。

アカウントを停止されると最悪復活できず、二度とAdsenseからの収入が得られなくなります。

Blog広告掲載のべストタイミングとは

あなたのBlogに、初めての広告掲載を申請する目安としては「記事数30を超えたあたり」をおすすめします。

当然、上記で解説した「あなたのBlogに最低限必要な情報」は満たしたうえでの申請です。

30記事書くと、文章の型が概ね決まってきて、主張にブレがなくなったり、読みやすい文章が書けだしたりする頃です。まだアクセスは来ないと思いますが、広告掲載はひとつのモチベーションになりますので、ここらで広告申請と行きましょう!

おすすめはAdsenseとAmazon、楽天での物販広告です。どちらも別記事にて申請方法を解説いたします。

100記事くらいまで収益化を待てる人は、待ってもいいでしょう。WordPressのBlogはGoogle検索に引っ掛かるのが遅いので、3か月~6か月くらいはアクセスが無い、または少ない日々が続きます。

このようなときに広告掲載をスタートしても「やっぱりBlogから収益なんてあがらないじゃん」とモチベーションを下げて辞めてしまう人が多いんですね。

収益が上がらないのはアクセスが少ないせいです。

Blog広告のクリック率

AdsenseにしろASPの広告にしろ、これらの広告のクリック数は非常に少ないのです。特にAdsenseは記事に関係のない広告が表示されることも多く、訪問者の0.2%がクリックすれば平均点ともいわれます。

運用するサイトの構造やテーマによってもクリック率は変わるのですが、「基本的にほどんどクリックされない」と考えていたほうが気が楽です。あなたもネット広告をガンガンクリックしに行きますか??自分に置き換えてみれば納得の数字ですね。

ASPの広告(Amazonや楽天など含む)はもう少しクリック率が高いでしょう。記事内容に沿った製品・商品を紹介するからです。

商品の写真とともに、

最新価格・キャンペーン内容はこちらから

↑このような紹介のされ方がされていれば、思わず気になってクリックしちゃいますよね^^

た・だ・し、、、クリックされたからと言ってなかなか売れないのが、成果報酬型の広告です。商品の魅力に賭けるわけですが、詳細ページを開いて即決で買う方は滅多にいません。難しいところですね。

さいごに

Blogを始めると、アクセスがほしい!収益が欲しい!コメントも欲しい!!と欲しがり虫がうずきます。

しかしBlogはメディアです。メディアとは育てるもの。自分の魂を注入して、自分の分身として育てていくものなんですね。当然時間はかかりますから、すぐに結果がでるものではありません。

まだ始まったばかりです。アクセス増も収益化も慌てる必要はありません。

しかるべきタイミングが来れば、必ずアクセスも収益も呼び込めますので、正しい発信方法を身に付けて、読まれる記事の量産に励みましょう!!

-Blog収益化

Copyright© 音楽Blogの始め方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.