書き方のコツ

Blog記事って誰に向けて書けばいいの?答えは簡単!悩まないで

Blogの記事書きは「ペルソナ設定が重要」と言われます。

ペルソナとは、「誰に向けて書くか」の”誰”の部分です。この”誰”の部分はできるだけ細かく設定する必要があります。不特定多数に向けた記事は、着地点も文章構成もブレブレになり、結局誰にも響かない記事になります。これは音楽も一緒ですね。

大多数に向けた八方美人な記事ではなく、たった一人のために書く記事が読まれます。

その方法についてアドバイスしますね。

Blogは過去の自分に向けて書く

ペルソナ設定で悩まないコツは「過去の自分」を対象に書いてみましょう。知らない誰かを想像して書くのはけっこう苦痛なんです(笑)

ペルソナの設定自体は簡単なのですが、実際にペルソナに沿った記事を書くのは至難の業です。イメージ力がものをいう作業です。

  • 何歳
  • 性別
  • 仕事
  • 趣味
  • 家族構成
  • 住んでいる環境

などあらゆる項目を想定して書くことが理想とされています。これが徹底できれば、男性でも女性目線で記事を書けるかもしれませんね。

しかし!

そんなことをせずとも、過去の自分に向けて書いてみてください。「できなかった頃の自分」「ある製品を欲しがっていたころの自分」「活動が上手くいっていなかった頃の自分」。

自分のことであれば自信をもって書けますよね。この「自信をもって書く」ってかなり大事。文章には自信がにじみ出るんですね。読み手は、「あ、この人、言ってることがブレてるなー」とか「自信の無い文章だな」と敏感に感じ取ります。

自分の文章だと自分で読んでもわからないものですが、他人の文章には、人って敏感なものですよね。

身近な人にインタビューして書くのもあり

過去の自分以外に、もうひとつペルソナを設定しやすいパターンがあります。

それは、「身近な人」です。実際にインタビューして記事にできますからね。ただ、誰でもよいというわけではなく、記事のテーマに沿った人物である必要があります。

たとえば、楽器を教えている相手や、これから楽器を習いたい人など。あなたが経験したことを「これからやってみたい」「今チャレンジ中」という人がターゲットです。

なかなかベストな人に巡り合うのは難しいですが、友達を誘ってしまってもいいですね。「ギター始めない??教えるから」みたいな感じで^^友達がその気になってくれればこれほど最適なペルソナはありません。

過去の自分と身近な人だけで100記事は書ける

Blogの記事になる内容は、本当に幅広くあります。たとえブログのテーマを僕のように「ギター初心者向け」と絞ったとしても、過去の自分と身近な人をペルソナに100記事は書けます。

それくらいテーマを深堀りしていけるんですね。

ただし、記事のネタになる内容は、100記事分サクッと生まれるわけではありません。物事を俯瞰する意識をもって、常にネタを探す思考になる必要があります。

自分の体験・困った・出来たはすべてネタ

ミュージシャンのあなたの音楽に関わる体験・困った・出来たはすべてBlogのネタになりえます。ターゲットにした友人の体験・困った・出来たもすべてBlog記事にできます。(もちろん友人に断る必要はありますが)

また、同じ内容を違う角度から述べても良いわけです。これで記事に量産ができます。

同じようなことを述べている記事をいくつも書くのはただの水増しかと思われそうですが、そうではありません。たとえ同じ内容だとしても(完全な文章のコピーはNGですが)、検索してその記事に入ってくる経路が違えば意味があるのです。

たとえば、

「ギター弾き語り 覚える コツ」といった3語をキーワードにした記事を書く場合、次の書き方ができます。

  1. 「小学生男児がギター弾き語りを早く覚えるコツとは。ギター講師が伝授!」
  2. 「社会人がギター弾き語りは難しい?早く覚えるコツを現役ギタリストが伝授」
  3. 「【時間が無い高校生】ギター弾き語りを早く覚えるコツを伝授!学校のヒーローに」

どれも内容はほぼ同じです。「ギター弾き語りのコツ」なのですから。しかしターゲットが違うことと、そのターゲット特有の事情(手が小さい、時間が無い等)に寄り添う内容を加味していけば、オリジナル記事の完成です。

上記の記事を書くには、小学生にや社会人・高校生に教えている必要がありますが、要は「どんな角度でその記事を書くか」です。ひとつのテーマでいくつもの記事を書くのは常套手段で、これが記事の量産につながります。いわゆる”横展開”と言われている手法です。

さいご

好きなこと・得意なことでBlogを書こうと決めても、ネタ切れというのは訪れます。そこからいかに視野を広げていろんな記事がかけるか、がBlogを続けていく際に乗り越えるべき壁になります。

僕自身も60記事で止まり、100記事で止まり、200記事を超えたあたりで更新がだいぶスローペースになっています(笑)しかし、100記事を超えるあたりまでは、できるだけコンスタントに投稿し、Blogの検索順位を上げましょう。Googleは更新頻度を見ているからですね。

更新が嫌にならないコツとして、「誰をターゲットに記事を書くか」といったノウハウは必須ですね!

-書き方のコツ

Copyright© 音楽Blogの始め方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.